【温泉原液】島根県 | 千原温泉 湯抱温泉 秘湯セット Heckel モデル
【温泉原液】島根県 | 千原温泉 湯抱温泉 秘湯セット Heckel モデル
【温泉原液】島根県 | 千原温泉 湯抱温泉 秘湯セット Heckel モデル

【温泉原液】島根県 | 千原温泉 湯抱温泉 秘湯セット Heckel モデル

通常価格 ¥1,625 ¥0

※受注生産となりますので、ご注文からお届けまで1ヶ月程度お時間をいただきます。
※10本(5セット)以上で送料無料!

島根県邑智郡美郷町の秘湯を原料に成分を増強・濃縮しご自宅で本格的な温泉を楽しむことが可能になりました。


温泉とは、コーヒーのように雨水や地下水がミネラル豊かな土壌で数万年をかけ、ゆっくりとドリップされて生まれた究極の「ミネラルのスープ」です。

源泉ごとの味わいの違いをご家庭でご体験ください。

 

千原(ちはら)温泉の歴史

三瓶山にひっそりと湧く秘湯の湯治場。
島根県の山あい、千原川沿いの狭い一本道に沿って立つ木造2階建ての「千原温泉湯谷(ゆんだに)湯治場」

開湯は明治期で、全国的にも希少な自噴のぬる湯に直につかることができるため、コアなファンが多い秘湯です。約34℃の温泉が湧く岩場の真上に湯船を作っているため、鮮度も抜群です。

千原温泉の特徴はその成分です。温泉には溶存物質総量という基準があり、1kgに対して、10gを超える成分が含有されていると浸透圧の関係から温泉成分が皮膚に吸収されていく作用があり、それを高張性温泉と呼びます。

古代の海水などが、何千年という時間を経て濃縮された温泉のため、全国の源泉の中でも数えるほどしか存在しない大変希少な温泉資源ですが、千原温泉は10~11gと大変濃度が濃い上にメタケイ酸も豊富で美肌の湯としても有名です。

 一見さんお断りの本格薬湯(くすりゆ)

開湯当初は、やけど・切り傷・皮膚病などの療養専門の湯治宿で、「観光目的だけや健康な方の入湯はお断り。この温泉は『薬湯(くすりゆ)』だから」と先々代や先代の女将さんからの伝承もあり一見さんはお断りだったそうです。源泉もここ1箇所のみ。まさに現代に残る秘湯中の秘湯です。


泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

 

湯抱(ゆがかえ)温泉の歴史

大田市の東南約12km、三瓶山の西南麓に位置し、江の川支流の尻無川や湯抱川の渓谷に湧出する温泉。昭和20年(1945年)にトリウム元素含有量が日本一と判明しました。折出物で作り出された鍾乳洞の千枚田のような光景は、温泉の効能の高さを期待させてくれるとともに、長い歳月を経た歴史と自然美も感じさせてくれます。

ぬるめの温度の茶色のにごり湯で、湯の花もたくさん浮かんでいます。泉質は鉄分を多く含んだ赤茶色の温泉で、県外からの湯治客にも人気の名湯です。

泉質:ナトリウム 塩化物泉 炭酸水素塩泉
温泉の効能は神経痛、関節痛、冷性、五十肩、打身、慢性消化器病、切傷、火傷、慢性皮膚病、痔疾、慢性婦人病 etc.

 

  

体自らが発熱し体温をあげる

  39℃-40℃がオススメする入浴の温度です。自律神経がもっともリラックスする温度帯ですが、温泉成分がしっかりはたらくのでこの温度でも十分体が温まります。
 ミネラルを体内にしっかり吸収して、内臓に栄養を届けて筋肉や脂肪をエネルギー源に自らの力で基礎代謝を高めていきます。目指す先は、
ミネラルを用いて体の中で自ら熱を生み出す「自己発熱」を促すことです。

コリや痛みの緩和メカニズム

肩こりや腰痛は、自律神経の緊張で疲労物質や老廃物が詰まり、そこに炎症が起こるために起こる事が多いです。
39-40℃のリラックス温度帯で代謝を最大化するように商品設計し、疲労物質やリンパの詰まりを解消し、汗や便でしっかりデトックスすることで自然と痛みや凝りは落ち着いてきます。慢性的な痛みやコリはマッサージだけでは解消されません。リラックス温度で体を温め、ミネラルの力で疲労物質を押し流す。これが新しい痛みに対するアプローチ法です。

島根県の秘湯とのコラボ Heckel モデル

中島薫さんの故郷である島根県は温泉が精製される環境に大変恵まれており、秘湯が多く存在します。今回ご紹介する2源泉も交通機関が一切ない秘境にありますが非常に濃度の濃い名湯です。
ご家庭のお風呂に50mlを1本入れよく混ぜてからゆっくり浸かってください。


商品名 / 島根県 千原温泉 湯抱温泉 秘湯セット
内容量 / 50ml 2本
主な含有成分(源泉ごとに含有量は異なります) / カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、セレン、ケイ素、ゲルマニウム、亜鉛、マンガン、鉄、銅、コバルト、ニッケル、モリブデン、リチウム、バナジウム、タングステン、バリウム、チタン、アルミニウム、クロム、硫黄などの天然ミネラル群とメタケイ酸

よくあるご質問
Q. 入浴後の残り湯で洗濯はできますか。
A. 残り湯での洗濯はおすすめできません。
Q.浴槽にオレンジ色の汚れがついたのですが、どうすればよいでしょうか?
A.鉄分や硫黄など天然ミネラルを多く含有しておりますため、ミネラル成分が皮脂や角質などの有機物とくっつき凝集してバスタブに付着しやすくなります。
 特に、体が温まると代謝が良くなり、それによって老廃物や皮脂が湯に溶け出て、ミネラル成分と凝集して浴槽についてしまう現象が起こりやすくなる傾向にございます。

対策といたしましては、
温度が下がると皮脂が固まりやすくなりますので、ご入浴後はなるべくはやく排水し、時間を置かず浴槽を洗っていただく。
・ お風呂用洗剤(特に銀イオン配合のものがよく取れます)などご自宅の浴槽に合わせてご利用くださいますようお願いいたします。